オノフ

スポンサーリンク
PC周辺機器

Thunderbolt未対応でもモニタ2画面出力と電源供給できるwavlinkのドッキングステーションのレビュー

Display linkに対応、60w pd対応、2画面出力対応なwavlinkのドッキングステーション「WAVLINK USB-C Ultra 5Kユニバーサルドッキングステーションデュアル4Kドッキングステーション」を購入しました。今回購入したドッキングステーションの魅力は、なんと言ってもケーブル一本で電源供給とモニタ出力できるところ。ポイントはThunderboldとかAlt Modeには対応していない端末でも実現できているという点だということです。MacBookで2画面出力できると思います。
ヘッドセット

SwitchでゲームしながらDiscordなどでボイチャ可能なコスパミキサー3選

PlayStationと違い、Nintendo Switchはボイスチャットの機能がありません。また、最近は人気のクロスプレイ対応ゲームも多く、Discordしながら遊びたいという需要が高くなっている気がします。今回は、CS機で音を聞きながら、パソコンやケータイでボイチャできるコスパの高い、安心のメーカーのミキサーを3つほど選んでみました。
IT

【2022年】マイクロソフトのリファレンスモデル新型SUERFACEまとめ

2022年はSURFACE発売から10周年。10月12日にSurfaceの新モデルが発表されました。発表されたのは、「SURFACE PRO 9」「SURFACE LAPTOP 5」「SURFACE STUDIO 2+」の3製品です。世界的なシェアを誇るWindowsOSのリファレンスモデルは、果たしてどのような進化を遂げているのでしょうか。
マウス

ロジクールの超進化した「G502X」シリーズ 【G502 X PLUS】【G502 X LIGHTSPEED】【G502 X】

「G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス」を愛用しています。身の回りのデバイスをホワイト一色にしたいと思っていたところだったので、結構気になってます。キーボードでは、RAZERやSTEELSIRIESに一歩リードを許していますが、オプティカルスイッチを採用しているあたりが技術的な面でも期待できるシリーズです。3シリーズにどういう違いがあるのか、細かく見ていきたいと思います。
キーボード

Razerの薄型光速ゲーミングキーボード「Death Stalker V2」

Razerより、薄型キーボード「Death Stalker」シリーズが登場しました。無線フルキーボードの「Death Stalker Pro」、無線テンキーレスキーボードの「Death Stalker V2 Pro Tenkeyless」、有線フルキーボードの「Death Stalker V2」の3モデルとなります。薄型ゲーミングキーボードといえば、logicoolのG913をイメージしますが果たしてどういう違いがあるのか、チェックしていきたいと思います。
キーボード

話題の新技術を採用したゲーミングキーボード5選

ゲーム用・タイピング用関係なく、年中キーボードが欲しい病の私が、注目のゲーミングキーボードについて選抜してみました。まだまだチェックできていない製品も多いかもしれませんが、今までのゲーミングキーボードは「平成」の過去のものとしてしまうくらい、新しいキーボード達です。
キーボード

超高速メカニカルスイッチを採用した新技術搭載キーボードSteelseriesのApex Proシリーズ

ゲーミングキーボードといえばメカニカルスイッチ。cherry mxスイッチのシルバー軸!と言った時代は過去のものとなりつつあります。steelseriesのAPEX PROシリーズに採用されたスイッチに注目です。RazerのHantsman Mini Analogをもしのぐ機能。注目です。
キーボード

テレワークに最適なLogicoolのメカニカルキーボード「K835」に無線もモデルの「K855」が登場

テレワークに最適なLogicoolのメカニカルキーボード「K835」に無線もモデルの「K855」が登場。狭いデスクスペースにフィットするよう設計されたコチラ、テンキーレスの無線メカニカルキーボードです。カラーは黒と白の2色。複数のデバイスを瞬時に切り替えられる、という点。机に何個もキーボードがあるような場合はかなり効率アップが望めそうです。
ヘッドセット

デバイス2台に接続可能なRazerのヘッドセット「Barracudaシリーズ」

2022年5月31日、Razerよりゲーマー向けヘッドセット「Barracuda」シリーズの新モデル3製品が発表されているのを発見。このヘッドセットが結構面白そうです。デザインもミニマルで、あらゆるシーンで活躍できそうなこのヘッドセット、機能的にも魅力があって、1万5千円からシリーズ展開されてるって正直ヤバいです。
PC周辺機器

ゲーミングPCがいらなくなる。怪物ポータブルゲーム機「STEAM DECK」

ついにSTEAM DECKの出荷が始まりました。これ、私かなり興味あります。 どこでもSTEAMでゲームができるなんて夢のようです。ハードウェア的にもソフトウェア的にも映像技術はかなり進化してますし、かなり期待できます。 競技計のゲームを本格的に取り組む場合はすこし物足りない感があるかなと思いましたが、4K120Hzまで対応しているという怪物ポータブルゲーム機。正直ゲーミングPCっていらないんじゃないか、と思わせるほどのポータブル機ですよね。私、かなり衝撃を受けています。
スポンサーリンク